ホーム > よくある質問

よくある質問 Q&A

室内で犬を飼おうと考えていますが、 犬のハウスはどのような場所に置くと良いのでしょうか?

家族の集まる、安全で寛げる場所に。

リビングの一角など「家族の集まる場所のすぐそばで、静かで落ち着ける場所」がいいでしょう。
出入り口やオーディオなどの音の出る物の近く、寒暖の差があり音の進入が多い窓の側からも離してあげましょう。ハウス(寝床)は屋根付きで体がすっぽりと包まれ、中で一回転できる大きさのものを用意します。広すぎるのは落ち着けません。
また、子犬の時や初めて室内で暮らす犬の場合、ハウスとトイレと遊び場の3つのスペースが入る「サークル」を用意し安全で寛げる場所を作ってあげましょう。

我が家の犬はもうかなりのとしになります。 室内での足腰の負担を減らしてあげる良い方法はありますか?

段差を極力なくしてあげるのと・・・

小さな段差にもつまずくようになるため、段差を極力なくしてあげましょう。また、歩行時の衝撃を吸収してくれるような床にしてあげると、大型犬や胴長などの特徴的な体格の犬には、なお良いでしょう。
また、寒暖の差や音にもデリケートになります。冬場の室内温度は若いときより1・2度高めにしてあげます。耳が遠くなり若い頃には気が付いた気配などが察知しにくいため、音にも驚きやすくなっていますので、静かで安心して寛げる場所を作ってあげましょう。

室内飼いの猫のストレス解消のために遊び場を作ろうと思いますが どのようなものが良いでしょうか?

立体的に室内を楽しめる工夫をしましょう。

立体的に室内を楽しめるようにキャットタワーや家具で階段を作ってあげましょう。上った先に隣や庭先を眺める事が出来るような窓があるとさらに喜びます。ただし、猫は木登りが上手なわけではありません。垂直に降りることはできないので、降りるための段やスロープを忘れずに作ってあげましょう。
また、落下事故を防ぐために、キャットタワーなどはぐらつきがないように注意し、落下地点にはクッション性のある敷物を用意してあげると安心です。

我が家の犬は外出しようとすると玄関のところで必ず吼え続けます。 吼えないようにする何か良い方法はありますか?

気づかれないようにそっと外出を。

外出時、つい人にやるように「お留守番していてね」と声をかけることは逆効果です。余計に寂しくなり、一緒に連れて行って欲しいとねだられてしまいます。お留守番が安心できて楽しいものだと理解するように犬をトレーニングする方法もありますが、まずは、そっと外出できるようにならないといけません。ですから、玄関先には犬を来させないという工夫が必要です。
また、犬が居る場所でお出かけの準備をする事も控えましょう。犬はすぐに分かってしまいます。

▲ページの先頭へ

Contents