ホーム > データ・統計で見るペットとの暮らし

データで見るペットとの共生

「ひとつ屋根の下」で、ペットと人は暮らしている。

住まいは、「ペット対応」から「ペット共生」へ。

ペットを飼うことは太古の昔から現代まで、単なる愛玩動物ではなく人生のパートナーとして近年捉えられています。
従来の屋外で飼うスタイルは減り続け、近年では4人中1人が室内で飼うようになりました。
その結果、一戸建て住宅ではもちろんのこと、マンションでも従来の「ペット可」や「ペット対応」ではなくペットと共生することを前提にした物件も増え続けています。

増え続ける「小型犬需要」

今、犬に求められるのは、「用心棒」などの番犬としての役割だけではありません。 かつてよく見られた、犬小屋があって、大きな犬を家の外で飼う姿はほとんど見られなくなりました。
近年都内では狭量住宅が増えてきた結果、選ばれるペットも小型化してきているようです。
小さいペットと一緒に電車やバスで移動される人も増え続けています。 見た目のかわいらしさだけでなく、扱いやすさや飼い易さが近年求められているようです。

▲ページの先頭へ

Contents